2018-01-05

本年もよろしくお願い致します  [by miyachi]

NewYear2018
明けましておめでとうございます。2018年ですね。皆様のおかげで昨年も無事に乗り越えることができました。まずはこの場でお礼を申し上げます。ありがとうございました!

さて今年の年賀画像は量子コンピュータからRSA暗号を解く為のショアのアルゴリズムを量子ゲートで表した量子回路図です。量子ゲート型の量子コンピュータではこれがプログラミングとなります。これがあればすぐにRSA暗号が解けてしまい電子署名が通用しなくなる~!と言うことはありませんのでご安心ください。アルゴリズム…つまりソフトウェア的には解けるのですが、何せハードとして数万単位の量子ゲートが無いと実用にはなりません。あと10年くらいは楽勝で大丈夫でしょう。とは言え将来を見据えて耐量子コンピュータの暗号も米国NISTでは準備が始まっています。以下にエントリーしている中から次世代の公開鍵暗号も決まるのだろうと言われています。

NIST: Post-Quantum Cryptography, Round 1 Submissions

と言うような新しいこともやりつつ、今年も本業の電子署名系のお仕事やクラブ活動を頑張ります!今年はJNSA電子署名WGだけでは無く新団体JT2A(日本トラストテクノロジー協議会)の活動も重要になりそうです。きっと今年も貧乏暇無しだと思いますが、あきれずおつきあいください。それでは今年もよろしくお願い致します!

2018-01-05 18:50:34 - miyachi - [業務連絡] -

コメント一覧

コメント無し

コメントを書く


hint: "LangEdge"